Category結婚相談

結婚相談所で恋愛結婚

社会的に自分と同等もしくは上の相手と結婚することは男性にとって重荷なのだろう。ここでは、恋愛と結婚は切り離されている。現代でも、女性は家の中にいて、男性を立てることを求められている。女性に優秀な人材が多いのはいいことではないのか。

でも、フィアンセがよりを戻したいと言い出すシーンがある。ジョイをフィアンセと浮気させるために、ジヤツクがフィアンセにジョイをベタ褒めするからだ。フィアンセは、やはりジョイは「いい女性だった」と考え直し、わざわざ会いにいくわけである。

自分のものになったと思った瞬間に愛は終わるが、他の人に「彼女、いいね」と言われると、「そうなのか」とまた好きになってしまう。私はいつも頭で恋愛しようとしてきた。そのことがおかしいと思ってはいても、「男の人には経済力がなければ結婚はできない」という呪文が聞こえるのだ。

この世の中に心で恋愛している人がいるなら、私は頭では哀れみながら、心の底では死ぬほど妬ましいのだ。私が映画でラブストーリーを観るのを好むのは、私たちにとって結婚が恋愛から切り離されて現実化した分、どこかで純愛を求めているからだと思う。

結局は、純愛願望を想像の世界で満たしているのだ。私は仮想的世界でしか理想的な恋愛ができない。そう、その仮想の世界の極致が結婚式なのだと思う。結婚式の日、花嫁である私は純白のドレスに身を包み、美しい花束を両手に抱き、厳かな教会でグパージンロードを歩く。

そこに行きつく過程はどうであれ、結婚式のその日には花嫁は確かに神聖で汚れなきものなのだ。それは合理的であって、とても寂しいことでもある。

私にはずっと彼氏がいなくて、すごく好きな人もいない。男友だちは普通にいて、その中でカッコいいと思う人はいるけれど、特別好きになる人はいない。顔と将来の年収の対照表とを腕めっこしながら、自分にとっての最高の王子様を必死で探している。

それが、つまりは結婚というものなのだと信じているからだ。失恋して泣いている友だちゃ、ご飯を食べられなくなっている友だちを見ると、どうやったらご飯が食べられなくなるまで恋愛に夢中になれるのかを教えてもらいたかったと思う。

私は友だちの心境を理解するのに苦しんでいる。古典の活用表を暗記するよりも、方程式の解き方よりも、顕微鏡の使い方よりも、どうしたらそこまで人を好きになれるのかを教えてもらいたかった。でも一番知りたいことを、大人は一番教えてくれようとはしなかった。

結婚相談所の選び方

結婚相談所のカウンセラーに転身する

医師であり弁護士であり弁理士でもある人を知っている。都内に一戸建ての広い家を持ち、外車も3台所有している。「初代でものすごく仕事のできる女性でね。結婚相手を募集中なんです」すると、女子学生は私に必ずこう質問してくる。「結婚相談所って何ですか?」中年以上の男性はこう質問してくる。

「その人は、3つの資格のうちどの仕事で食べてるんですか?」女子学生と中年男性は、弁理士という職業を知っているか否かで線引きができる。的に、性別と年齢の相乗効果が世間知というものである。

が、こと結婚になると話は違う。「結婚のスタートというのは何だと思います?」「婚姻屈を出すことではないんですか?」中年男性はそう答える。日頃から役所とのつきあいと闘いが多いので、紙切れ一枚の重さを男性は熟知しているのだろう。

しかし、結婚とは婚姻届を出して始まるものではない。前章のことで確認しておくと、私が書いてほしいと指示したのは「理想の結婚と予想の結婚」である。英文学でいう「ロマンティック・アイロニー」を期待していた。

第一の作品などは、そのことを意識して書いてある。妄想の思いのたけを文章にしている。しかしその例のように、多くの女子学生が詳しく書いてきたのは「理想の結婚相談所」である。自分を戯画化することにかけて、日本人は韓国人や中国人留学生の到底及ぶところではない。もちろん、結婚式は結婚をスタートするセレモニーなのだから重要である。

が、男子学般22生で「理想の結婚式」というものを書いてきた者は皆無である。結婚とは、男性にとっては区役所に行くことであり、女性にとっては結婚式場に行くことである。

結婚相談所の理想を想像するのは女性であるか、あるいは女性性という心である。男性は王子になる方法を考えるのに忙しく、結婚式までは考えない。王子になりさえすれば、結婚式などどうでもいいのだろう。

しかし、女性はセレモニーがなければ、台所にいるシンデレラのようなものである。王子の横に並んで結婚式を挙げ、「お姫様だっこ」をされてこそシンデレラなのである。

彼と別れたとしても、卒業までに結婚できる人と出会える時間は残されているとも思えず、私が志望している結婚相談所はあまり収入面で好待遇ともいえない業界なので、職場結婚をすると仮定するとその他の条件も満たした結婚ができると思えません。

そもそも私自身が滅多に男性を好きになれない性格なので、この頃は条件を白紙にしたとしても結婚することが不可能な気がして絶望的になっています。

条件を満たす結婚を待っているうちにどんどん時間だけが過ぎ、気がついたらお歳も超えて焦り始め、結局妥協した結婚をして「人生こんなもんか」とため息をつく日がくるようで恐ろしいです。

結婚相談所で初めてコンシェルジュに相談

自分の生き方にもっとこだわってみませんか?この一連のアンケートやニッタさんへの取材を通して感じたのは、人生の出発点にいる彼女ちが、職業観や家庭観、人生観などについて、真剣に考える機会をもたずにオトナになっているということでした。結婚に夢をもつこと自体、けっして悪いことではないのです。若い娘なら当然の心の動きです。

そのへんが整理ついていなくて、矛盾しているんだけど」この子供の問題については、あとでまたゆっくりと考えてみることにしましょう。ここでは、とりあえず、いまだまだまだこういう”子育ては母の手で”が主流であり、それ故に仕事の計画、人生設計が立てられないでいる、そういう若い女性の悩みだけを指摘しておきましょう。

◇夢なくして、未来はありえないのです。でも、その夢のもち方が、自分自身の人格形成や、一人前の人間として、それこそ”社会的一人前” として生きることに向けられてはいない、そのことの不幸に気づいていないことをわかってほしいのです。

言葉のうえでは「結婚生活は二人が協力して生きるもの」と言いながら、それは結局のところ「夫が外で稼ぎ、妻は家を守る」式の性別役割分担を言っているにすぎないことを知ってください。生きるうえにおいて二人が本当に協力しあわなければならないのは、夫と妻それぞれの”自分づくり” です。自分にこだわって生きることです。

自分を大切にしようということでもあります。結婚は未知の大陸ですから、人はどうしても保守的になりがちです。なぜ若い女性が保守的なのか、考えてみました。三つの要素があると思います。一つは”未知なものだから、二つには大切なものと意識されているから、三つには、祖父母や両親の保守的な結婚観に影響されているから。

ここをつき破っていくのは、あなた自身が勇気をもって、自分の生き方にこだわり、一回きりの人生を自分の手と汗で切り開いていこうとする意識の変革であるような気がしてなりません。そこでは傷ついたり涙したりすることもあるかもしれませんが、昔の諺のように、若いうちの苦労は買ってでもせよ、というのは、現代も生きていると思います。

二十代は体力、気力が一番充実している時期、少しくらいのつらさには耐えなさい、と言いたいのですが。よく言うではありませんか、二十代は二十代が作る、四十代は三十代が作る、五十代は四十代が作るって。人生の基礎の時期、人生の出発点にいるのですから、あのくそイマイマしい適齢期に惑わされないで、自分の生き方をしっかりと設計してほしいものです。

ウォーターサーバーの水の種類

近年、ますますその市場を拡大しているウォーターサーバーは、沸騰や備長炭を使うよりは、はるかに確実で、経済的な浄水方法です。ただし、浄水器は方式や製品そのものの精度によって、その効果にはかなりの差があります。また浄水器は沸騰や備長炭と同じ理由で、水道水を「おいしい水に変える」のには効果的ですが、すべての危険性を除去してくれるわけではないのです。ウォーターサーバーは、使用している濾過材の種類によって、大まかに以下の4つに分けられます。最近はこうした濾過材に麦飯石やサンゴの化石といった天然石を加えた形式のものも出ていますが、これらの天然石に際立った浄水効果があるというデータはありません。

活性炭方式

活性炭とは、木材、石炭、椰子がらなどを高熱で蒸し焼きにした炭のことで、その表面に微細な穴が無数に開いている性質を利用して、不純物を吸着するものです。この穴には1グラムあたり700~1400 平方メートルもの表面積があり、少ない量で驚くほどの効果を発揮します。ただし、水道水の残留塩素の除去には効果があるものの、赤サビやバクテリアに関してはほとんど除去できず、トリハロメタンやトリクロロエチレンといった有機塩素化合物については、初期のわずかな間しか効果がありません。

しかもカートリッジが寿命を過ぎると、フィルター内で雑菌が繁殖する危険性がありますし、あやまってフィルターにお湯を通したりすると、活性炭に吸着していた塩素が溶け出す恐れもあるので注意が必要です。中空糸膜十活性炭方式中空糸膜とは、その名の通り中が空洞になっている糸状の繊維のこと。細いストローを束ねた形を想像するといいでしょう。

この繊維には側面に小さな穴が無数に開いており、これが濾過膜の役割を果たします。活性炭では効果がなかったバクテリアや赤サビが除去できるほか、カビ臭を取るのにも効果があります。その中空糸膜に活性炭を組み合わせたのがこのタイプで、水道水をまずくする要素をほとんど取り除くことができます。ただし目づまりが激しく、一度に浄水できる量が少ないことは大きな欠点。またカートリッジをこまめに交換しなくてはならないので、維持コストが割高になります。

セラミック十活性炭方式

セラミックとは陶器と同じような素材のことです。この表面にも小さい穴が無数に開いており、活性炭と同じように、汚れを吸着するはたらきがあります。このセラミックを使ったフィルターと活性炭を併用したのがこの方式で、中空糸膜のように目づまりを起こすことは少ないものの、品質にバラつきがあり、赤サビなどによる水の濁りはあまり除去できません。

逆浸透膜十活性炭方式

逆浸透膜は中空糸膜の穴よりもさらに細かい、動物の細胞膜に近いくらいの小さな穴を持った膜で、水の分子だけを取り出します。もともとは、中東など飲み水が不足している地域で、海水を真水に変えるために開発されたものですから、その除去効果は抜群。鉄サビもトリハロメタンもカビ臭もすべて取り去ってしまいます。しかし、ほとんどの汚染物質を除去してくれる半面、人体に有益なミネラル分までほとんど取り除いてしまうのが難点です。この方式の浄水器を通した水は蒸留水に近く、飲んでもあまりおいしくなく、また健康促進に好適とはいえません。